rankoの女子一人旅

女子一人旅、弾丸海外旅行記。飛行機好き。ビジネスクラスを海外発券やマイルでコスパよく利用します。

ウィーン 宮廷家具博物館は王宮版IKEAみたいで面白かった話

ウィーン-宮廷家具博物館

オーストリア ウィーンにある宮廷家具博物館に行ってきました。(2018年6月)

この博物館は王宮やシェーンブルン宮殿など有名観光地の入場がセットになったシシィチケットで入場することができる博物館なので割と有名な博物館かと思います。

博物館の名前の通り、165000点と世界最大級の所蔵数をほこる家具博物館(というか家具倉庫だった)で、宮廷家具が山のように(無造作に)展示されており、さながらIKEAの展示ルーム豪華版のようで見応えがあります。

しかしながらあまり人気はないようで、私の訪問時には人っ子一人いなくて貸切で楽しんできました。

やっぱりシシィグッズの展示が多い

ウィーン-宮廷家具博物館-シシィ

ウィーンを訪れたら一度は見るであろうオーストリア最後の皇后エリーザベト(シシィ)の肖像画が飾っていました。

ウィーン-宮廷家具博物館-シシィ

彼女が愛用した扇子なども飾っています。

とにかく展示物の数が多い

これだけ並ぶと面白くなってくるなというくらい同じアイテムが展示されていました。

ウィーン-宮廷家具博物館
ずらーっと椅子。

ウィーン-宮廷家具博物館
ウィーン-宮廷家具博物館

ずらーっと燭台。ずらーっとトイレ。 

 

ウィーン-宮廷家具博物館

またもや椅子。

ウィーン-宮廷家具博物館

まさにIKEAのように、小さなブースで区切られ部屋をイメージして家具が並んでいます。

ウィーン-宮廷家具博物館

誰か住んでいそうです。

なんだかベッドが短いのはなんでだろう

ウィーン-宮廷家具博物館-ベッド

ベッドも大量に展示されています。が、なんだかどのベッド短い。多分150cmくらいしかない。

いくら昔の人が背が低いと言っても短すぎやしないか、どうしてだろうと思って調べたら、昔のこのあたりの西欧人は、座ったりくの字型で寝るのが一般的だったらしいから・・らしい。一つ、明日使えない雑学を学びました。

映画「シシィ」でつかわれた家具

ウィーン-宮廷家具博物館-シシィ-映画

シシィの生涯を題材にあつかった映画に、この博物館の家具が提供されていました。映画で使用した家具も、映画のシーンのスチールや動画とともに飾られていました。

ウィーン-宮廷家具博物館-シシィ-映画

もともと宮廷家具の倉庫だった

この博物館、もともと宮廷家具の倉庫でした。1747年にマリア・テレジアが作ったのが始まり、らしいです。

ウィーン-宮廷家具博物館
ウィーン-宮廷家具博物館

倉庫が通れるようになってます。展示しきれない家具が積み上げられていました。シャンデリアが収納として吊るされている。無造作すぎる。

20世紀、21世紀ウィーンの家具も展示

ウィーン-宮廷家具博物館

1900年頭ころの家具も展示してありました。キッチンを再現してたり、楽しい。

 

ウィーン-宮廷家具博物館

1900年ころのウィーンの椅子。

ウィーン-宮廷家具博物館

1900年頃のウィーンのアパートの家具。アパートの中をそのまんま移設しましたって感じでベッドルームも再現されていて、居心地が良さそうでした。

宮廷家具博物館の場所と開館情報

地下鉄U3 Zieglergasse駅が最寄りです。 え?ここにあるの?というくらい大通りからそれた場所にあります。

火曜~日曜 10:00−18:00 月曜日はお休み。

大人9.5ユーロ シシィチケットで入場することもできます。