rankoの女子一人旅

女子一人旅、弾丸海外旅行記。飛行機好き。ビジネスクラスを海外発券やマイルでコスパよく利用します。

このエアラインラウンジのシャワールームがすごく良い 5選!!

エバー航空-バンコク-シャワールーム

今日は、航空会社のビジネスラウンジにあるシャワールームで得に私がお気に入りのシャワールーム5つを挙げたいと思います。2018年に訪れたラウンジの中から選んでみました。

私はシャワールーム使いたい族なので、きれいで使いやすいシャワールームのエアラインは俄然高評価にしたくなります。

ファーストクラスラウンジを含むと、バスタブがあるエアラインとかあって比べるのに難しいので、今回はビジネスクラスラウンジに限ります。

 

  

エバー航空ラウンジ(台北国際空港)

エバー航空ラウンジ

私の推しエアラインであるエバー航空のシャワールームがダントツでお気に入りです。エバー航空-台北-シャワールーム

シャワーは、レインシャワーとハンドシャワーと横から出てくるやつ(何て呼べばいいんだ・・)があります。水圧、温度とも難なし。私は45度位の熱めが好きなので、暑い国のシャワーはぬるま湯しかでなくてイラっとすることがありますが、そんなことなし。

エバー航空-台北-シャワールーム

アメニティはロクシタンです。

エバー航空-台北-シャワールーム
エバー航空-台北-シャワールーム

シャワールームの室温は集中管理が多いですが、ここは自分で調節可能。機内で配布するのと同じスリッパが置いてあります。嬉しい。

エバー航空-台北-シャワールーム
エバー航空-台北-シャワールーム

訪れたときは日本未上陸のドクターズコスメ、3LABのクリームも置いてありました。お試しできて嬉しい・・。ヘアセット用のジェルやらも一通り置いてある。もちろん石鹸・くし・歯ブラシ・綿棒など基本的なアメニティも置いてあります。

エバー航空-台北-シャワールーム
エバー航空-台北-シャワールーム

据え置き型ドライヤーも置いてあるのですが、日本製のドライヤーも置いてあります。ラウンジシャワールームのドライヤーといえば、これはそよ風かな?っていうドライヤーが多い中、これは嬉しい。そして、極め付けに女優ミラーまである。アイメイクするのに非常に助かる。

このラウンジシャワーの難点をあげるなら数が少なく、混雑時には待ち時間が発生すること。非常に残念。

エバー航空の台北のラウンジは4種類ありますが、写真はスターのものです。おそらく日本人が多く利用するであろうインフィニティとスターラウンジのシャワールームはほぼ同じ作りです。

ちなみに。バンコク スワンナプーム空港のエバー航空ラウンジもほぼ同じです。

エバー航空-バンコク-シャワールームこの写真はバンコクのエバーラウンジのシャワールーム。バンコクの方が広いです。

キャセイパシフィック航空The Pier(ピア)ラウンジ(香港国際空港)

キャセイパシフィック航空ラウンジ-The Pier
続いて取り上げるのはキャセイパシフィック航空、The Pier(ピア)香港国際空港のラウンジのシャワールームです。キャセイの香港のラウンジは複数箇所(ウィング・ピア・デッキ・ブリッジ)ありますが、ピアのシャワールームが一番私は好きです。

キャセイパシフィック航空-香港-シャワールーム

アメニティはAesopです。ゴールドのシャワーヘッドってなんかかっこいい。水圧・温度とも問題なし。

キャセイパシフィック航空-香港-シャワールーム
キャセイパシフィック航空-香港-シャワールーム

アメニティは一個ずつ箱に入ってます。ドライヤーの写真ないけど、しっかり強風のタイプです。

2018年はピアのシャワールーム、月イチくらいで通ってたけれど待ち時間が発生したことはありませんでした。

シャワールームの数はほかのエアラインラウンジよりも明らかに多いです。

スイス航空ラウンジ(チューリッヒ空港)

スイス航空ラウンジ

3番目に紹介するのは、チューリッヒ空港ターミナルEにある、近年リニューアルしたスイス航空のラウンジのシャワールームです。ビジネスクラスラウンジとスタアラゴールド会員が利用できるセネターラウンジがありますが、シャワールームは共通です。

スイス航空-チューリッヒ-シャワールーム

欧州のラウンジシャワールームって、ここはガス室かな?って所があるので、ビジネスラウンジでここまでしっかり整っているのは嬉しい。

スイス航空-チューリッヒ-シャワールーム
スイス航空-チューリッヒ-シャワールーム

アメニティはRITUALSでした。ritualsといえばカタール航空が有名な気がしますが同じなんですね。ritualsはオランダ発のオーガニックコスメブランドです。

タオルもふかふか。ベージュ色。

スイス航空-チューリッヒ-シャワールーム

このオメガの壁掛け時計はさすがというか。比較物がないのであれですが、シャワールームに入った瞬間目に飛び込み、・・時計、大きくない?という感想をもちました。

カタール航空アル・ムルジャン ビジネスクラスラウンジ(ハマド国際空港)

カタール航空ラウンジ

お次はカタール航空。ハマドのラウンジは、とてつもなく巨大で豪華。ラウンジの中に滝?池?があります。シャワールームも清潔感があって良いです。エミレーツのドバイのシャワールームより、カタールの方が好き。

カタール航空-ドーハ-シャワールーム
カタール航空-ドーハ-シャワールーム

アメニティはスイス航空と同じRITUALSです。清潔感があってよかったのですが、短時間乗り継ぎでの利用だったので、写真がゆっくり取れなかった。2019年はドーハへ行くことが決まっているので、綺麗に写真を撮りたいと思います。

アシアナ航空ビジネスクラス セントラルラウンジ(仁川国際空港)

アシアナ航空ラウンジ

最後はアシアナ航空のラウンジです。リニューアルして綺麗になりました。しかし、デザインなど印象はリニューアル前とほぼ変わらず。全体的にハードが新しく入れ替わっただけかな。シャワールームも新しいです。

アシアナ航空-仁川-シャワールーム

レインシャワーとハンドシャワー装備。水圧が高いのがよい。

アシアナ航空-仁川-シャワールーム

シャンプー・コンディショナー・ボディソープのボトルがでっかい。ボディソープはフローラルな香り。確か以前はシャンプーもフローラルの香りが芳しい嫁シャンでしたが、2018年に訪れたときはユニセックスに使えそうな香りに変わっていました。

アシアナ航空-仁川-シャワールーム
アシアナ航空-仁川-シャワールーム

アメニティ一式。さすがというか、化粧水・乳液が男性用と女性用それぞれ用意されています。ヘアセット用のジェルもあります。

 

以上、5つのエアラインのシャワールームをとりあげてみました。

  1. エバー航空ラウンジ(台北国際空港)
  2. キャセイパシフィック航空The Pier(ピア)ラウンジ(香港国際空港)
  3. スイス航空ラウンジ(チューリッヒ空港)
  4. カタール航空アル・ムルジャン ビジネスクラスラウンジ(ハマド国際空港)
  5. アシアナ航空ビジネスクラス セントラルラウンジ(仁川国際空港)

 

 

この他、あえて挙げませんでしたが、羽田のJAL、ANAのラウンジのシャワールームもよいです。しかし、混雑がなあ。