rankoの女子一人旅

女子一人旅、弾丸海外旅行記。飛行機好き。ビジネスクラスを海外発券やマイルでコスパよく利用します。

【搭乗記】キャセイパシフィック航空 ビジネスクラス 深夜便の香港-マンチェスター CX219

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-シート

キャセイパシフィック航空のビジネスクラスで香港からマンチェスターまで飛んできました。(2018年6月)

キャセイパシフィックは私にとって、国際線では人生で一番搭乗回数が多いエアラインなのですが、 実はキャセイの長距離線、エコノミーしか乗ったこと無く初めての長距離ビジネスでした。欧州までのフライト時間は伸びますが、香港でちょっと遊んで欧州に行くのも悪くないなと思いました。

深夜発早朝着便の過酷さ

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-マンチェスター

出発が午前1時、現地着が7時半の飛行時間12時間と今何時だか訳が分からなくなるフライトで思った以上に過酷でした。

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-A359

機材はA350-900です。

この機材は2016年から導入が始まった機材で、近距離線でもたまに導入されています。

以前、どうしても乗りたくて台北-香港線で狙って搭乗しました。明るい時間のフライトの機内の様子は下記の記事に掲載しています。

www.ranko-trip.net

 

シートはリバースヘリンボーンタイプ

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-シート
シートは1-2-1配列のリバース・ヘリンボーン。独立性の高いこのタイプの窓側シートは一人旅にはうってつけで好き。

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-シート-足元
最近乗った同じリバースヘリンボーンタイプだと、エバー航空がありますが、キャセイの方が足元は広いですね。

www.ranko-trip.net

www.ranko-trip.net

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-モニタ

モニタは18.5インチと大きい部類でしょう。キャセイのエンターテイメントシステムはUIが凝っててみやすいなと思います。

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-コントローラ

コントローラの初期画面で自分の座席番号、フライトナンバー、現地天候、飛行時間等が表示されています。

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-シート-ヘッドフォン

ヘッドフォンは収納できるスペースあり、赤がかっこいい。

機内食は飲茶を選択

ディナーの提供もありました、しかしもう眠くて仕方がなくてパスしました。興味はあったのですけどね・・。

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-シート-機内食

ということでホットチョコレートのみ。

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-機内食-スムージー

たっぷり睡眠をとって、朝食にスムージーとコーヒー。つぶつぶしたスムージー。美味しい。

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-機内食-朝食

続いてヨーグルトにフルーツ、パン。

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-機内食-機内食-飲茶
朝食はなぜか飲茶を選んでいました。軽いものを選べばいいものの、今思えばチャレンジャーです。飲茶美味しいです。メインは3種類からの選択で、他はオムレツとおかゆでした。

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-機内食-機内食-チリソース

このソースをかけるとなんでもなんだか香港になるマジック。  

アメニティはジュリークと香港ブランドの"78%"

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-ポーチ
キャセイパシフィック-ビジネスクラス-ポーチ

アメニティポーチ どうして社名をプリントしちゃったのかなあ・・ダサい。

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-アメニティ
ブランドはジュリーク。キャセイのラウンジでもおなじみ。

ポーチはSeventy Eight Percent のもの。香港発のブランドですね。昔、伊勢丹で取り扱ってたと思いますが、今はどうなんでしょう。

 

 

 

お天気良くて幸先良さそう。早朝のマンチェスターに到着です。

キャセイパシフィック-ビジネスクラス-マンチェスター