rankoの女子一人旅

女子一人旅、弾丸海外旅行記。飛行機好き。ビジネスクラスを海外発券やマイルでコスパよく利用します。

ロシア エルミタージュ美術館で帝政ロシアの栄光をみる

ロシア サンクトペテルブルグにある世界三大美術館に挙げられ、世界遺産でもあるエルミタージュ美術館へ行ってきました。(2016年8月)

エルミタージュは展示物もさることながら、建物自体が歴代皇帝が過ごした王宮なので非常に豪華な作りで、圧倒されました。

エルミタージュ美術館

 エルミタージュを効率よくみてまわるには?

エルミタージュ美術館、あまりに広すぎて全てをみてまわることはできませんでした。

どれくらい広いのかというと、46,000m2です。ディズニーシーよりちょっと狭い位かな?エルミタージュってフランス語で隠れ家という意味ですが、全然隠れてないから!

エルミタージュを訪問される方であまり時間がないわという方、予め公式ホームページで見たい作品の場所のあたりをつけておくと良いです。

公式ホームページ( link: Hermitage )はよくできていて、360度見渡せるバーチャル写真で美術館内を見て回ることができます。

エルミタージュのここに感動した

エルミタージュ美術館の見所をあげていきます。

天使の階段

エルミタージュ美術館-天使の階段

エルミタージュ美術館の顔的な場所、写真によく出ている入り口の天使の階段。

入り口入ってすぐのせいか、人がものすごーく多かったです。

エルミタージュ美術館-天使の階段-天井画

天井には天使がたくさんいました。

ピヨートル大帝の間

エルミタージュ美術館-ピヨートル大帝の間

ピヨートル大帝の間。

ロマノフ王朝といえば、ピヨートル大帝とエカテリーナ女帝ですかね。(他に知らない)

玉座の間

エルミタージュ美術館-玉座の間

玉座の間。皇帝が座る椅子が置いてます。

椅子以外ないです、が、すごく広い。

エルミタージュ美術館-玉座

この建物が王宮だったのだなというのを思い出させる部屋です。

ここで皇帝陛下の謁見が行われたのでしょうね。

紋章の間

エルミタージュ美術館-紋章の間

だだっ広いホール。舞踏会とかあったんだろうか・・。

シャンデリアがゴージャス。

孔雀石の間

エルミタージュ美術館-孔雀

黄金の孔雀の仕掛け時計。

孔雀は羽を広げて動くそうです。残念ながら普段は動かしてないようです。

これ、エカテリーナ2世に愛人ポチョムキンが贈ったと言われているらしい。

エルミタージュ美術館-孔雀石の間

孔雀のからくり時計が置いてある部屋は豪華な装飾でした。そして美術館の中でも人気スポットなので人が常にいっぱいです。

ちなみに私、サンクトペテルブルグ行きを決めてから、るるぶも地球の歩き方も読みませんでしたが「ベルサイユのばら」で有名な池田理代子著の「女帝エカテリーナ」は読みました・・!漫画のポチョムキンはかっこいいです。 

女帝エカテリーナ (1) (中公文庫―コミック版)

女帝エカテリーナ (1) (中公文庫―コミック版)

 

戦勝記念のギャラリー

エルミタージュ美術館-戦勝記念ギャラリー

ナポレオン戦争で武勲をあげた将軍の肖像画。

エルミタージュ美術館-戦勝記念ギャラリー-肖像画

ズラ〜っとならんでると壮観です。 

レンブラントコレクション

私がエルミタージュで見たかったものの一つがレンブラントのコレクションです。

エルミタージュにはレンブラントの絵画が24作品もあります。すごい数!

エルミタージュ美術館-レンブラント

「十字架降下」。よくみるテーマだけど明暗がすごくレンブラントらしい。

マリア妃私室

エルミタージュ美術館-マリア妃私室

Boudoirという部屋。アレクサンドル二世の皇后、マリア妃の私室。ロココ調ですごく派手っす。

ダヴィンチ、ラファエロ、ミケランジェロ。

混雑しすぎて、うまく写真の撮れなかったラファエロの回廊(ヴァチカンにある本物のラファエロの回廊が気に入ってエカテリーナ2世が作らせた)や、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ミケランジェロの絵画があります。ルネサンスの巨匠が勢ぞろいです。

紹介できないくらい、ほかにも見所はありました。

エルミタージュ美術館

エルミタージュ美術館

エルミタージュ美術館

エルミタージュ美術館

エルミタージュ美術館

ロシアって、西欧に憧れたのだなあとしみじみ思ったのでした。

関連記事

エルミタージュ美術館、チケットを現地で購入すると1時間以上ならびます。

ウェブで事前予約すると並ぶ必要なないのでオススメです。予約方法をまとめています。
www.ranko-trip.net