読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

rankoの女子一人旅

女子一人旅、弾丸海外旅行記。飛行機好き。ビジネスクラスを海外発券やマイルでコスパよく利用します。

「ローマの休日」のロケ地!コロンナ宮でオードリー・ヘプバーンになりきってきた

ローマ訪問で映画「ローマの休日」のロケ地に行ってきました。(2017年1月)

ローマの休日といえば、トレヴィの泉や真実の口、スペイン広場などなど有名な場所はたくさんありますが、アン王女が最後に記者会見を行う場所、コロンナ宮殿に行ってきました。

存分に"ローマの休日"を満喫してきました。

コロンナ宮殿は週1日しか開いていない

コロンナ宮殿の公開している部分のコロンナギャラリーは、週に一度しか開館日がありません。土曜日の午前中9:00-13:15までです。「ローマの休日」のロケ地の中で最も行ってみたい場所だったので、旅程とタイミングがあって幸いでした。

ローマの休日-アン王女

これです、このシーン。アン王女が最後の記者会見を行う場所です。

ちなみにこの記事を書くために調べたのですが、ローマの休日は著作権が切れているのですね。もう50年以上前の作品だと。

コロンナミュージアムの入り口

ローマの休日-コロンナギャラリー前

うっかりすると見過ごして通り過ぎてしまいそうなくらい、入り口はこじんまりしています。写真は入り口の少し手前のあたりです。

ローマの休日-コロンナギャラリー入り口

っと。ありました。入り口。コロンナギャラリーの写真が貼ってあるのが目印です。なかったら、確実に通り過ぎていました。

こじんまりとした入り口を入ると、係りの人が数人。入場料を払うとパンフレット(返却必要だけど細かな作品の説明が書いてある)を渡してくれました。英語をもらったんだけど、日本語もあったので替えてもらいました。そのほか、種類があったのでかなりの言語に対応しているようでした。

ローマの休日-コロンナギャラリー-シャンデリア

ローマの休日のロケ地の大広間 

コロンナギャラリーは、250点もの絵画を所蔵しています。ちなみに、個人所有の宮殿だそうな。ローマの貴族すごい。

が、せっかくローマの休日のロケ地にきたので、まずは映画と同じ角度から比較してみます。

ローマの休日-コロンナ宮殿

じゃん。撮ってみました。

ローマの休日-コロンナギャラリー-アン王女

おおお。ローマの休日の世界・・。

ローマの休日-コロンナギャラリー-大広間

おおぉぉ・・・。

ローマの休日-コロンナギャラリー-天井画

見上げたらこんな感じ。おぉぉ・・・。

階段にめり込んだ鉄球

ローマの休日-コロンナギャラリー-鉄球

 大広間に繋がる階段のところに、鉄球がめり込んだままになっています。ギョッとしましたが、1849年ナポレオンⅢ世のローマ侵略のときに撃った球だそうです。すごい。

圧倒される展示の数々

ローマの休日-コロンナギャラリー-礼拝堂

家族用の小さな礼拝堂。全然小さくないんですけどネ。

ローマの休日-コロンナギャラリー-シャンデリア

ムラーノガラスのシャンデリア。美しい。

ローマの休日-コロンナギャラリー-マルティヌス5世神格化の間

ローマの休日-コロンナギャラリー-タペストリー

大きなタペストリー。すごく細かいの・・。

ローマの休日-コロンナギャラリー-刺繍

 刺繍の間。金糸がすごい、天蓋がゴージャスで・・・。言葉が出てこない。

 

見応え十分でした。今回、ローマの休日のロケ地に行ってみよう、ということでやってきましたが、歴史を感じる絵画がたくさんあって、もっとイタリアを勉強してからまた来たら楽しめるなあと感じました。

素晴らしい休日が過ごせました。 

ローマの休日-end