rankoの女子一人旅

女子一人旅、弾丸海外旅行記。飛行機好き。ビジネスクラスを海外発券やマイルでコスパよく利用します。

【搭乗記】キャセイパシフィック ビジネスクラス 機内食 台北-香港 CX0475

台北から香港へのフライト(2017年2月)でキャセイパシフィック航空の最新機材A350を利用した際の機内食について、今日はレポートしたいと思います。

2時間弱の短いフライトですが、しっかりしたランチメニューが出ました。キャセイはラウンジが素晴らしく目を見張るものがありますが、機内食でも他のエアラインよりも力が入っていて美味しかったです。

f:id:ranko_m:20170423185059j:plain

まずはワインリストから

キャセイ-ビジネスクラス-シャンパン

billecart salmonのシャンパンが積んでました。この短いフライトでもちゃんとシャンパンが積んであるのですね。

キャセイ-ビジネスクラス-ワイン

ポートワインもありました。

紅茶が香港空港のラウンジと同じ銘柄、JINGでした。キャセイはピアラウンジの改装前、オーガニックティーで有名なクリッパーをラウンジに置いていた記憶がありますが、全部JINGに変わったのでしょうか。共通してイギリスブランドなのはキャセイらしい。

機内食メニュー

キャセイ-ビジネスクラス-機内食メニュー

お昼時のフライトだったのでランチメニュー、かなりしっかりした内容でした。2時間ないフライトなのでてっきり軽食かなと思っていて、ラウンジで担々麺をもぐもぐ済みでした。胃のキャパシティと相談しながらのフライトとなりました。

ポテサラが美味しい

キャセイ-ビジネスクラス-スターター

サラダはスモークサーモンとポテサラです。これまたワインがすすむ君ですよ。

写真が何処へやらなのですが、パンもいっしょにやってきてます。

ポテトをもぐもぐしているうちに、メインメニューをのせたカートがやってきました。

それにしても担当してくれたCAさんのキャラが濃くて面白かったです。ワインをわんこそばの如くどんどん注いできました。

メインメニューは2種類からチョイス

キャセイ-ビジネスクラス-機内食

キャセイ-ビジネスクラス-チキン

メインは2種類からチョイスです。チーズ大好きなもので、メニューにcheeseの単語を見つけた瞬間にこころは決まっていました。ということでハーブチーズチキンを選びました。ホワイトペッパーをふりかけたら、さらに間違いない味になりました。

デザートはムース

キャセイ-ビジネスクラス-デザート

デザートはモカ味のムースでした。見た目から安易に想像できる通りの大味。うん。だけど美味しいです。ちょこんと乗ってるコーヒー豆の形したチョコレートがアクセントになってて良いです。コーヒーをいただきました。illyのコーヒーでした。

シグネチャードリンクのキャセイデライトをたのもうかな〜と考えている間に香港に着いてしまいました。残念。

まとめ

ピカピカの最新鋭の機材に、キャセイらしいw雑な感じだけどホスピタリティを感じるCAさん、そして十分な機内食と短距離ながら大変満足度の高いフライトでした。

機材のレポートは別記事にまとめていますのでこちらをどうぞ。キャセイパシフィック最新鋭の機材、さすがと思える素晴らしい乗り心地です。

www.ranko-trip.net

 

フライトキロク 

航空会社

キャセイパシフィック航空

機種

A359

クラス

ビジネス

出発地

台湾桃園国際空港 TPE

到着地

香港国際空港 HKG

飛行時間

1:52